ヤマトを巡る物語

邪馬台国みつけました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

邪馬台国に属する国々

邪馬台国への行程に「野洲川(やすがわ)」が含まれる、となれば、日本神話に登場する「天安河(あまのやすかわ)」と関係あるのでは!と、古代史&日本書紀・古事記をちょっと知った方ならばピンと来るのではないでしょうか。


ですがその前に、邪馬台国とその周りの国々の位置を、探ってみます。
国名と、滋賀県に隣接する地域であること。手がかりはそれだけですが、調べてみると「これはもうここしかあり得ない」という地名がいくつも見つかりました。
もちろん「どうかな、断言できないな」という箇所もありますが、おおざっぱに邪馬台国連合の範囲の見当がつけば、敵対していたという「狗奴国」の場所も定めやすくなります。

と、いうことで、こちら比定地一覧です。

国名読み方比定地都道
府県
備考
行程上にある国
a帯方郡たいほう朝鮮半島?
b狗邪韓国かや朝鮮半島南部古代朝鮮半島にあった「伽耶諸国」
c対海国つしま佐渡島
/対馬
d一大国いき能登半島
/壱岐
e末廬国まつら敦賀市福井松が生えている土地(気比の松原)
f伊都国いつ長浜市
(旧伊香郡)
滋賀
g奴国長浜市滋賀
h不弥国ほみ米原市滋賀臣(おみ)の国。
有力豪族・息長氏の本拠地。
i投馬国つま野洲市
守山市
滋賀
j邪馬台国やまと
女王国に属する国
1斯馬国しま志摩市三重
2巳百支国みまき久世郡京都かつての「御牧(みまき)藩」
3伊邪国いせ伊勢市三重
4都支国とき土岐市岐阜
5弥奴国みの岐阜市岐阜
6好古都国かがつ各務原市岐阜
7不呼国ほこ関市岐阜矛=刃物の産地?
8姐奴国しゃが大津市
(旧志賀町)
滋賀シャガ(帰化植物)
9対蘇国とそ京都市伏見区京都とそ=酒の産地?
10蘇奴国そね東近江市
(旧能登川町)
滋賀「そね」は痩せた土地を表す言葉。
11呼邑国こお甲賀市滋賀
12華奴蘇奴国かなすな高島市滋賀金砂。鉄鉱石の採掘所。
13鬼国くぃ栗東市滋賀栗が生えている?
14為吾国いが伊賀市三重
15鬼奴国くぬ五條市
橋本市
奈良
和歌山
クヌギが生えている?
16邪馬国やま甲賀市
(旧信楽町)
滋賀
17躬臣国くし松阪市三重櫛田川流域
or躬臣国きし和歌山市和歌山雉?
18巴利国はり名張市三重針?
19支惟国きい京都市南区京都かつての「紀伊郡」
20烏奴国うだ宇陀市奈良
21奴国奈良盆地奈良
その他の国
狗奴国かが大阪平野大阪邪馬台国の南にあったとされる
倭種の国渥美半島以東愛知
静岡
魏志倭人伝より
「女王国の東、海を渡る千余里、
また国あり、皆倭種なり、
また侏儒国あり、その南にあり。」
侏儒国紀伊半島南部
or 伊豆諸島
和歌山

地図にまとめました。
クリックで拡大します。
yamatokoku_global.png


あらら、それでは邪馬台国はどこですか? と、思われたでしょうか。
「邪馬台国」というのはそもそも、どういう定義なんだろう、と、ここでちょっと考えてみます。
「魏志倭人伝」の文章をぱらっと読むと、女王の居るところ=「邪馬台国」、という風にとらえてしまいます。
でも、実はそうではなくて、数々の国が集まった集合体が「邪馬台国」なのではないでしょうか。

「女王の居るところ」は、「邪馬台国」とは呼ばれてないんじゃないか、と思うんですね。
と、考えた場合、引っかかる国名があります。
「邪馬国」、これがそうなんじゃないかと。
「大阪府」の中に「大阪市」がある。そういう感じではないかと、思うわけです。

そして、それはどこかと言えば、やはり、信楽。と、私はほぼ確信しています。
この地がミマキ国(京都府久世郡)と接していることも根拠の一つです。
「ミマキ」は、日本書紀・古事記に、とても重要な意味を持って登場する地名です。
とはいえ、自分の頭の中でいまいち整理できていないのですが^^;


とりあえず。ざっくり比定したところで、次は
邪馬台国に住んでいたのはどんな人達だったのか。を考えて参ります。

Comments

Post A Comment

What's New?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。