ヤマトを巡る物語

邪馬台国みつけました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

対海国=佐渡、一大国=能登

前回記事のように、末廬国が敦賀湾にあったと考えると、そこから邪馬台国の前まで、無理なくたどれます(水行20日といった、見るからにサバを読んだ数字はさておき)。

では、末廬国より前の行程はどうでしょうか。
帯方郡より倭国に至るには、船で朝鮮半島を経て
7,000余里で倭国の北岸の狗邪韓国に到着する。
そこから海を1,000余里渡り、対海国に着く。
瀚海と呼ばれる海を南に1,000余里渡ると一大国に至る。
また海を1,000余里渡ると末廬国に至る。

敦賀湾から「一大国」「対海国」を逆に、北へたどってみると、ちょうど海の中に2ヶ所、飛び石のように陸地があります。能登半島佐渡島

今まで唱えられた説はほとんど、対海国=対馬、一大国=壱岐、佐賀県の松浦半島に末廬国があった、としています。邪馬台国が畿内にあったとする場合でも。
「対海国」はいかにも「対馬」で、「一大国」はいかにも「壱岐」と結びつくように見えます。ですが、これはちょっと不思議です。
他の地名がまるで暗号のような、中国人が音から当てた漢字なのに対して、「対海(つしま)」は音から当てた字とは思えません。海の音読みは「カイ」です。しかし、日本語では海のことを「あま」とも呼びます。“音”が違うのに字の意味は通じる。「一大」も、これが「壱岐(いき)」ならば、元は「一支」だったのを誤植したのではないでしょうか。
この二つの国名だけ、やけに字が(日本における表記に対して)正しいのです。

「魏志倭人伝」とは、卑弥呼の頃から100年近く経った3世紀末、“陳寿”によって書かれた歴史書「三国志」の一部です。
もちろん陳寿本人が邪馬台国を訪れ倭人伝を書いた訳ではないでしょう、彼がしたのは、さまざまな資料を一つの書にまとめるという作業です。
邪馬台国までの行路も、複数の資料をまとめたものかもしれず、そして、両者を混同した可能性は、おおいにあると思います。だって、陳寿氏にとっては遠い異国の話ですからね。

例えば、こんな二つの資料があれば、同じ場所だと誤解するのではないでしょうか?
資料A : 海を渡るとサド国という島がある。その先にノト国。その先にマツラ国。
資料B : 千里ほど行くと「対海国」。また千里で「一大国」。さらに千里で○○国。
南方向に二つの島を経て湾岸へ。若狭湾付近と北九州付近の、手前の島の位置関係は、おおざっぱに言えば似ています。
魏志倭人伝の編集者は、別の文書に記された、邪馬台国へのルートと北九州ルートを、途中で繋いでしまったのです。

「対海国」と呼ばれているのは佐渡であり、「一大国」と呼ばれているのは能登だった。朝鮮半島北部の帯方郡から女王の都・邪馬台国の一歩手前まで、行路はつながります。

Comments

Post A Comment

What's New?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。