邪馬台国みつけました。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 |   
対海国=佐渡、一大国=能登
前回記事のように、末廬国が敦賀湾にあったと考えると、そこから邪馬台国の前まで、無理なくたどれます(水行20日といった、見るからにサバを読んだ数字はさておき)。

では、末廬国より前の行程はどうでしょうか。
帯方郡より倭国に至るには、船で朝鮮半島を経て
7,000余里で倭国の北岸の狗邪韓国に到着する。
そこから海を1,000余里渡り、対海国に着く。
瀚海と呼ばれる海を南に1,000余里渡ると一大国に至る。
また海を1,000余里渡ると末廬国に至る。

敦賀湾から「一大国」「対海国」を逆に、北へたどってみると、ちょうど海の中に2ヶ所、飛び石のように陸地があります。能登半島佐渡島

今まで唱えられた説はほとんど、対海国=対馬、一大国=壱岐、佐賀県の松浦半島に末廬国があった、としています。邪馬台国が畿内にあったとする場合でも。
「対海国」はいかにも「対馬」で、「一大国」はいかにも「壱岐」と結びつくように見えます。ですが、これはちょっと不思議です。
他の地名がまるで暗号のような、中国人が音から当てた漢字なのに対して、「対海(つしま)」は音から当てた字とは思えません。海の音読みは「カイ」です。しかし、日本語では海のことを「あま」とも呼びます。“音”が違うのに字の意味は通じる。「一大」も、これが「壱岐(いき)」ならば、元は「一支」だったのを誤植したのではないでしょうか。
この二つの国名だけ、やけに字が(日本における表記に対して)正しいのです。

「魏志倭人伝」とは、卑弥呼の頃から100年近く経った3世紀末、“陳寿”によって書かれた歴史書「三国志」の一部です。
もちろん陳寿本人が邪馬台国を訪れ倭人伝を書いた訳ではないでしょう、彼がしたのは、さまざまな資料を一つの書にまとめるという作業です。
邪馬台国までの行路も、複数の資料をまとめたものかもしれず、そして、両者を混同した可能性は、おおいにあると思います。だって、陳寿氏にとっては遠い異国の話ですからね。

例えば、こんな二つの資料があれば、同じ場所だと誤解するのではないでしょうか?
資料A : 海を渡るとサド国という島がある。その先にノト国。その先にマツラ国。
資料B : 千里ほど行くと「対海国」。また千里で「一大国」。さらに千里で○○国。
南方向に二つの島を経て湾岸へ。若狭湾付近と北九州付近の、手前の島の位置関係は、おおざっぱに言えば似ています。
魏志倭人伝の編集者は、別の文書に記された、邪馬台国へのルートと北九州ルートを、途中で繋いでしまったのです。

「対海国」と呼ばれているのは佐渡であり、「一大国」と呼ばれているのは能登だった。朝鮮半島北部の帯方郡から女王の都・邪馬台国の一歩手前まで、行路はつながります。
スポンサーサイト
邪馬台国comment:0   trackback:0
近畿へ行くなら、敦賀湾から
邪馬台国があった事の根拠であり、その道のりと場所の混乱の元になっているのが「魏志倭人伝」。以下は行程の要約です。
帯方郡より倭国に至るには、船で朝鮮半島を経て
7,000余里で倭国の北岸の狗邪韓国に到着する。
そこから海を1,000余里渡り、対海国に着く。
瀚海と呼ばれる海を南に1,000余里渡ると一大国に至る。
また海を1,000余里渡ると末廬国に至る。
東南へ500里陸行すると伊都国に到着する。
東南へ100里進むと奴国に至る。
東へ100里行くと不弥国に至る。
南へ水行20日で投馬国に至る。
南へ水行10日、陸行1月で、女王の都のある邪馬壹国に至る。
帯方郡から女王国までは1万2,000余里ある。 (Wikipediaより引用)

末廬国
さて、いきなりですが、末廬(まつら)国。ほとんど暗号のようにしか見えない記述を眺めていて、最初にピンと来た場所がここです。
日本海沿岸にあり、おそらく松が生えている土地。そのイメージから、すぐに思いついた地名がありました。福井県敦賀湾・気比の松原(けひのまつばら)。
かつて、北前船の積荷は敦賀湾で陸揚げされ、近江まで運ばれ、琵琶湖の水運を使って京都方面に送られていました。日本海から畿内への、定番と言えるルートです。
・・これは「あり」な気がする。この手ごたえを頼りに、倭人伝の行路を探ります。

伊都国
敦賀湾から南東へ。福井と滋賀の県境を越えます。さほど険しくないものの山道で、現在も民家はほとんどありません。
そして、滋賀県、旧伊香郡(現在は長浜市)の集落に到着します。
ここは人口が少ない典型的な過疎の町・・と思いきや、旧伊香郡高月町は実は、全国でも有数規模の古墳群、また、国宝を含む数多くの観音像がある町です。この事を考えれば、過去に何らか重要な役割を担っていた場所に違いないのです。
そして「伊都」「伊香」と、名称も似てますね。

奴国
さらに南東、長浜市中心部へ。歴史に詳しい人なら、この地名には馴染みがあるはず。国友鉄砲村があり、石田三成の出身地でもあり、豊臣秀吉がいた長浜城、姉川古戦場も。少し北に行くと、浅井氏の本拠地・旧西浅井郡。
後に歴史の舞台になったのは、東海から北陸、畿内への交通の要であることも大きいでしょうが、国友鉄砲村の存在はそれだけでは説明がつきません。鉄砲のサンプルを元にコピー品を作る、それはもともと鋳造の技術を持っていなければできない事です。これまた、古代にルーツがありそうです。

不弥国
長浜市の東、米原市。岐阜県と接しており、県境を越えると関ヶ原。
日本神話、ヤマトタケルの物語に登場する伊吹山・醒ヶ井がここ米原にあります。また、古代の有力な豪族、息長氏の墓も。

ここから「南へ水行」。滋賀県で水行と来れば、そう、琵琶湖です。
(米原からは引き返しますが)長浜から出航し、滋賀県湖南を目指すと、おおよそ南西に進むことになります。

投馬国
そうなると、投馬国は湖南地方のどこかですが、これはもう、銅鐸・弥生遺跡のメッカ、野洲川流域の野洲市・守山市で間違いないと思います。

そしてさらに「水行」・・これは、最初に考えたのは再び琵琶湖経路だったのですが、それならば投馬国に寄る必然性がない。
野洲川を舟で上る、と考えると。古代から、野洲川が水運に利用されていたとしたら。これはそんなに突飛な考えでもないのかもしれません。車も鉄道もないんですから、舟で荷運びが出来れば相当便利です。流れが緩やかな川ならば、やらない理由はないはず。
野洲川上流に「水口」という町があります。内陸なのに水口という地名を不思議に思っていましたが、水運の起点になっていたとしたら納得がいきます。(ただし、ここまで川を上れるかどうかは、やや疑問です。)

ここから、考えられるコースは二つあります。
甲賀~伊賀~奈良、と続く道と、信楽へ行く道。どちらに進む?
ひとまず、この選択は保留にしておきます。
邪馬台国comment:0   trackback:0
邪馬台国を探すことにした
きっかけは、東方神起のメンバー・ユノの出身地が韓国・全羅道で、かつて百済の国があった所だと知った事でした。
そういえば私の地元・滋賀県は昔、百済からの渡来人が多く来たらしい。そういえばユノは滋賀県にもありがちな顔立ちかもしれない。彼の話す日本語は、関西弁のイントネーションに聞こえる時がある。
いろいろと思い当たって、疑問を持ちました。百済人ってどんな人達だったんだろう。
ネットで調べてみると、どうやら近江に都を置いた天智天皇は、随分と百済の肩を持っていたらしい。それじゃ、大和朝廷を作ったのは、どんな人達だったんだろう。
さかのぼって調べるうちに、そもそも邪馬台国ってなんだったんだろう、という疑問に行き着きました。

ずっと、邪馬台国がどこにあったかなんて、考えたことはありませんでした。学校で習ったのは「佐賀県・吉野ヶ里遺跡が邪馬台国の都の跡だと思われる」という事だったと思うけど、それもうろ覚え。
ただ、卑弥呼の後に女王となった「台与」を「トヨ」と読むなら、「邪馬台国」は「ヤマト国」じゃないのか、だったら邪馬台国がそのまま大和朝廷になったのでは・・・、そんな疑問を持った記憶が、ぼんやりとあります。
でも、歴史は好きじゃないから、邪馬台国の場所を追求しようとは思わなかった。・・逆ですね。縄文時代、弥生時代までは面白かったんですよ。ところが、いきなり卑弥呼が登場して、中国に王と認められたからスゴくて、日本はやっと稲作技術を身につけた所なのに、中国は中世くらいに文化が発展していたらしい・・。何だか、ヘン。「何だかヘン」なことを、覚えるのはイヤだった。だから私は歴史が嫌いになったんでした。

そしていい大人になり邪馬台国について調べ、論争のこじれ具合を見たときに、今度は「これはきっと、何かをどこかでものすごく掛け違えてる」とはっきりと思いました。
プログラミングにおいて、あまりにバグが多い場合は、修正するより最初から作り直した方が早い、とはよく言われる事です。作り直した結果、元の長大さはなんだったのかと拍子抜けするくらい、コンパクトなプログラムになるのも、よくある事。
「魏志倭人伝の解読」も、きっと、事実はもっとずっとシンプルなはずです。
その他comment:0   trackback:0
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。