ヤマトを巡る物語

邪馬台国みつけました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Read More

対海国=佐渡、一大国=能登

前回記事のように、末廬国が敦賀湾にあったと考えると、そこから邪馬台国の前まで、無理なくたどれます(水行20日といった、見るからにサバを読んだ数字はさておき)。では、末廬国より前の行程はどうでしょうか。帯方郡より倭国に至るには、船で朝鮮半島を経て7,000余里で倭国の北岸の狗邪韓国に到着する。そこから海を1,000余里渡り、対海国に着く。瀚海と呼ばれる海を南に1,000余里渡ると一大国に至る。また海を1,000余里渡ると...

Read More

近畿へ行くなら、敦賀湾から

邪馬台国があった事の根拠であり、その道のりと場所の混乱の元になっているのが「魏志倭人伝」。以下は行程の要約です。帯方郡より倭国に至るには、船で朝鮮半島を経て7,000余里で倭国の北岸の狗邪韓国に到着する。そこから海を1,000余里渡り、対海国に着く。瀚海と呼ばれる海を南に1,000余里渡ると一大国に至る。また海を1,000余里渡ると末廬国に至る。東南へ500里陸行すると伊都国に到着する。東南へ100里進むと奴国に至る。東へ...

Read More

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。